《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2019/1/13

世の中、
「完璧を求める人」 と 「いい加減な人」 がいますよね?

ボクはどちらかというと後者の方なんですが…
でもね、いい加減な人の方が良いこともあるんですよ。

巷には、様々なシェイプアップ法がある中で…

完璧を求める人は、
じっくり「自分に合ったシェイプアップ法はどれなのか?」と
吟味していると、
決めきれずに様々なシェイプアップ法を渡り歩く
シェイプアップジプシーのような状態になったり…

また、本などに書かれているシェイプアップ法を
正確に実行しようとしすぎるあまり、
様々な事情で、正確に実行できない時があったりすると
自分が許せず挫折してしまう場合があります。

シェイプアップで最も重要なのは、継続すること。
正確に実行できないという事を負担に感じ、挫折してしまうくらいなら
いい加減でいいし、時には休む日があってもいいから
とにかく「続けられる」人がシェイプアップには成功するのです。

だから、「いい加減さ」も時には必要なんです。
パパと日本酒を飲みすぎたり、
大好物のうまい棒(納豆味)やうまい棒(納豆味)を食べ過ぎたとしても
「まあいいや、あしたからまた頑張ろう!」

運動が1日できなくても
「まあいいや、あしたからまた続けよう!」

そうやって、
忘れちゃうくらいの「いい加減な人」の方が、
シェイプアップには成功しやすいと思うんですよね。

もちろん、完璧を求める人向けのシェイプアップ法もあります。

また、ひたすら一生懸命にストイックに
シェイプアップを行なうのが好きな人もいます。

要はその人その人の性格に合ったシェイプアップ法を選んで、
ストレス無く、楽しく、ポジティブに
シェイプアップを楽しめれば良いと思います。