《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ

老眼というのは、つまりは遠視ということになるので、近視と同様にレーシックの手術で治療出来るのです。
つまり遠視で悩んでいる人は、信頼出来るレーシックのクリニックに一度相談に行ってみると良いでしょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
老眼と言われているものは、一度進行してしまうことによりもう二度と元には戻らないと思っている人が多いようです。
しかし老眼はレーシックによって元通りの視力に戻すことが出来るのです。

 

レーシックは、目の表面の角膜の形をレーザーによって矯正していき、光の屈折の具合を調節する視力回復手術です。
なので遠視だろうが近視だろうが、レーシックで元に戻すことが可能というワケです。



《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せブログ:2018/10/15

最近、あさ食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかのあさ食シーンにも現れていますよね。

あさは、どの家庭も忙しいもの!
あさ食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
ママ自身にあさ食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「あさシャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれたママ世代は、
高校生くらいからあさ食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
娘が生まれてからも続きます。

あさ食は娘しか食べない、
あるいは、娘が幼稚園に行くまでは
あさ食を食べさせる習慣がなかった…というママもいます。

炊きたてのご飯と湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんなあさの食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
あさ食をつくらない、食べないママの理由らしいんですが…

「あさ食を食べる」という習慣は、
家族で毎あさ食べて育って初めて身につく習慣。

娘だけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは父母があさ食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…