《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性


《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。




《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2018/11/10

10年ほども前のこと。
三重県の名張という町に、おいらたち夫婦は移り住んだ。

奥さんは西においらは東へと勤めに出かけ、
アパートには寝に帰ってくるだけという生活を
4年ほどおくった。

ある休日の9時、
おいらはぼさぼさに伸びた髪を切ってもらいに
近所の理髪店へと足を運んだ。

幸い待たされることもなく
短時間で済んだことに気をよくし、
おいらはアパートと逆の方向に足を向けてみた。

人がやっと通れるほどの細い路地を抜けると、
そこは初めて訪れる場所で、
「本町通り」と書かれた年代物の街灯が並ぶ
古びた商店街だった。

古い造り酒屋の軒先には杉玉が下がり、
お菓子屋の店先は
何十年前と変わらぬ風情でおいらを迎えてくれた。

車や電車で通り過ぎたのでは
気づかない生活の匂いがそこにあった。

おいらは手作りのお豆腐屋さんの暖簾をゆらし、
湧水に冷える出来立ての豆腐をいただく…
あっという間に一時間が過ぎていた。

おいらは竹筒に入った「でっち羊羹」を
奥さんへの土産に意気揚々と少年のように帰った。

以来、おいらの中で旅とは、
旅行会社のパンフレットやガイドブックに載っているそれだけでなく、
ほんの少し本通りから逸れた
見知らぬ近所へのトリップのことも指すようになった。

お仕着せの他人任せの旅行も悪くない。
楽しいし、安全で気楽だ。

しかし
それは本物の旅だろうか?

おいらにとって
旅とは自分で行き先を決め、
自分の足でたどるものだ。

または、自分の意思であてもなく、
時間と空間の束縛から一時逃れて
湿りがちな心を乾かす逃避行のようなもの…
と、おいらは思っている。

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰もが驚きを隠せないレーシック推進情報