《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。



《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2019/1/16

コンバンワー

アスリートの減量法は、非常に過酷です。
期限が決められているので、
普通の方では考えられないようなハードな減量をしています。

しかし、アスリートの方々は、筋肉の量が普通の人とは元々違います。
だから、一般人より痩せやすい体であると言えます。

プロボクサーの方には、階級によって体重制限がありますよね。
計量日までに、その体重まで落とさなければ
試合をすることができないのですから必死です。

でも、ただ単に食べない減量法では、
目標体重まで落とせても、何の意味もありません。

ご飯を抜く減量で、体力が無くなってしまっては、
試合で本来の実力を発揮できなくなってしまいます。
筋肉量を減らさずに、体脂肪を落としていくのが、
ボクサーの減量です。

アスリートのご飯面では、
量はもちろん減らしていきますが、栄養バランスを考えて、
減量に取り組んでいきます。

摂取カロリーより消費カロリーを多くすれば、
理論上は体重が減ります。
しかし、そうは問屋が卸さないのが減量ですよね。
辛い日々が、続いていくわけです。

プロボクサーは計量が終われば、
試合までに沢山食べて体重を増やしていきます。
つまり、リバウンドするのです。

アスリートの体重は常に増減しています。
アスリートの方も普通の方も、体の作りは一緒です。
ですから、時には体調を悪くするアスリートもいるんです。

アスリートを真似て減量しようとは思わないで、
自分のペースで正しい減量法を実践しましょうね!

嗚呼,いい気分