《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。



《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2018/9/18

ダイエット中、
最も気を使うものの中に、食事のメニューをどうするか?
ということがあります。

やはり
食事をいかにカロリーの少ないものにするかということが
重要なポイントになってきます。

ぼくは、単品料理を極力避けるようにしています。

単品料理というと、どんぶり物。
かき込みながら食べられるどんぶり物というのは、
時間のない人にとっては、理想的な食事です。

でもこれって、
ただの早食いになってしまうことにつながりますね?
早食いは、腹が満足しにくいので、
ダイエットにとって大敵です。

さらにどんぶり物と定食とを比べれば、
ライスの量はどんぶり物の方が多いですよね?

炭水化物は
ダイエットの障害となることがあります。
使われなかった炭水化物は、
身体の中に脂肪という形で貯蔵されるからです。

他に単品料理として、
女性の間で人気が高い、パスタがありますね?

パスタも、どんぶり物と変わらない特徴があります。
パスタも炭水化物だからです。

ですから、あまり頻繁に食べていると、
相当トレーニングをしないと
身体の中に脂肪を蓄えてしまうリスクを増すことになります。

しかも単品料理には、
炭水化物が多いということ以外にも、
栄養分が少ないという特徴があります。

どんぶり物もパスタも、
食材が少ないという感じはしませんか?
特に野菜は少ないですよね?
パスタにしても野菜とパスタの比較をすれば、
圧倒的にパスタが大部分を占めます。

ですから、ダイエット中の食事には、
単品料理を控えた方が良いんですよね!

どうしても頼む場合は、
何か付け合わせのサラダなどを頼むといいでしょう。
すると栄養バランスも整うでしょう。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。